交通事故の専任弁護士

万が一の交通事故が起きた場合の保険として、強制保険と任意保険とがあります。強制保険は自動車を運転する事で、必ず入らなければならない保険で「自賠責保険」と言い、それ以外に自分で入る自動車保険を「任意保険」と言って区別されます。自賠責保険と任意保険がある訳は、その支払い能力に制限があるからです。

自賠責保険は怪我や死亡の際にしか保険料が降りる事はありません。しかも、これは相手側だけに適用されるもので、ご自分に適用される事はないのです。その為に任意保険に貼る必要があり、ご自分の車や事故による怪我や入院などが、保障される仕組みと言って良いでしょう。多くの任意保険会社は、弁護士との提携によって、交通事故による相手との交渉に関わってきます。

しかし、この図式は保険会社と被保険者との関係性のみなので、保険会社の意向に沿って、交通事故の交渉が行われているのが現状です。つまり、被害者側にとって不利な状況になる事も、少なからずあるという事を覚えておきましょう。こうした不利な状況を考えると、被害者側で弁護士を立てる必要性があり、法律の専門家である弁護士は、こうした事例も多くこなしていますので、被害者に有利な形で交渉する事ができるのです。