交通事故加害者の罰則

車14

交通事故に遭遇した場合には、加害者の負う刑事責任というものが発生します。

具体的に言えば、「刑事責任」を始めとする「行政上の責任」や「民事責任」がこれにあたります。

被害者が加害者によって負わされる傷害には、軽度のものから深刻な障害によって、死ぬまでその障害を負わされる事になります。事故の程度によっては、被害者の命までもが無くなってしまうという事も考えられます。

人は体が不自由になれば、今まで送ってきた日常生活が送れないばかりか、仕事も無くしてしまう場合も考えられます。いずれの場合にせよ、人間の生命や身体という、最も尊重されなければならないものを侵害している為に、物損事故よりもさらに重い刑事責任が課せられるのです。

行政上の責任としては、自動車運転免許の取り消しなどを含めた免許証の原点が課せられるなどの、行政上の責任が負わされる事になりますが、特例によっては被害者の救済措置により、これが軽減される事があります。

また、民事責任においては、加害者側が責任者側に対して、一定の責任を負う事になります。これは、被害者側がおった外傷な欠損に対しての入院や手術、通院などの医療行為に対して全面的に行われる事になります。またそれ以外の保証も行わなくてはなりません。

交通事故の専任弁護士