交通事故被害の対応

現在は車社会ですので、交通事故に遭う確率はかなり上がっていると言えるでしょう。これは自分が加害者になる事も同時に意味している事ですので、日頃の運転に気を使っている方も多い事でしょう。特に最近は、ブレーキとアクセルの踏み間違えによる交通事故も多発しており、歩道にいるからと言って安心できるものではありません。また、こうした交通事故によるトラブルも多発しているのが現状なのです。

万が一、交通事故に遭ってしまった場合には、対処の仕方で大きく優劣が決まってしまう事が多いものです。交通事故に遭遇した場合は、まず所轄の警察を呼びましょう。軽い事故などで、相手に警察を呼ぶのを自重するように言われる場合がありますが、これは後々約束事などが反故にされる場合もあり、第三者を速やかに呼ぶ事で平等な事故状況を把握して貰えるというメリットがありますので、ぜひ最初に呼んでおくべきでしょう。

車や体に深刻なダメージを負っている場合には、同時に救急者や消防車なども呼ぶ必要があります。車に同乗者がいた場合などには、ダメージの少ないものがこの行動をとります。まずこちら側の怪我や傷を確認し、これらの行動を行ってからご自分の担当の自動車保険会社に連絡をしておきます。次にこちらが軽傷な場合は、相手側の状態を把握しておきましょう。特に、相手側車両や相手に重大な危険が迫っている場合などには、人命救助も念頭に置いておかなければなりません。