交通事故加害者の罰則

交通事故に遭遇した場合には、加害者の負う刑事責任というものが発生します。具体的に言えば、「刑事責任」を始めとする「行政上の責任」や「民事責任」がこれにあたります。被害者が加害者によって負わされる傷害には、軽度のものから深刻な障害によって、死ぬまでその障害を負わされる事になります。事故の程度によっては、被害者の命までもが無くなってしまうという事も考えられます。

人は体が不自由になれば、今まで送ってきた日常生活が送れないばかりか、仕事も無くしてしまう場合も考えられます。いずれの場合にせよ、人間の生命や身体という、最も尊重されなければならないものを侵害している為に、物損事故よりもさらに重い刑事責任が課せられるのです。

行政上の責任としては、自動車運転免許の取り消しなどを含めた免許証の原点が課せられるなどの、行政上の責任が負わされる事になりますが、特例によっては被害者の救済措置により、これが軽減される事があります。また、民事責任においては、加害者側が責任者側に対して、一定の責任を負う事になります。これは、被害者側がおった外傷な欠損に対しての入院や手術、通院などの医療行為に対して全面的に行われる事になります。またそれ以外の保証も行わなくてはなりません。

交通事故の専任弁護士

万が一の交通事故が起きた場合の保険として、強制保険と任意保険とがあります。強制保険は自動車を運転する事で、必ず入らなければならない保険で「自賠責保険」と言い、それ以外に自分で入る自動車保険を「任意保険」と言って区別されます。自賠責保険と任意保険がある訳は、その支払い能力に制限があるからです。

自賠責保険は怪我や死亡の際にしか保険料が降りる事はありません。しかも、これは相手側だけに適用されるもので、ご自分に適用される事はないのです。その為に任意保険に貼る必要があり、ご自分の車や事故による怪我や入院などが、保障される仕組みと言って良いでしょう。多くの任意保険会社は、弁護士との提携によって、交通事故による相手との交渉に関わってきます。

しかし、この図式は保険会社と被保険者との関係性のみなので、保険会社の意向に沿って、交通事故の交渉が行われているのが現状です。つまり、被害者側にとって不利な状況になる事も、少なからずあるという事を覚えておきましょう。こうした不利な状況を考えると、被害者側で弁護士を立てる必要性があり、法律の専門家である弁護士は、こうした事例も多くこなしていますので、被害者に有利な形で交渉する事ができるのです。

交通事故被害の対応

現在は車社会ですので、交通事故に遭う確率はかなり上がっていると言えるでしょう。これは自分が加害者になる事も同時に意味している事ですので、日頃の運転に気を使っている方も多い事でしょう。特に最近は、ブレーキとアクセルの踏み間違えによる交通事故も多発しており、歩道にいるからと言って安心できるものではありません。また、こうした交通事故によるトラブルも多発しているのが現状なのです。

万が一、交通事故に遭ってしまった場合には、対処の仕方で大きく優劣が決まってしまう事が多いものです。交通事故に遭遇した場合は、まず所轄の警察を呼びましょう。軽い事故などで、相手に警察を呼ぶのを自重するように言われる場合がありますが、これは後々約束事などが反故にされる場合もあり、第三者を速やかに呼ぶ事で平等な事故状況を把握して貰えるというメリットがありますので、ぜひ最初に呼んでおくべきでしょう。

車や体に深刻なダメージを負っている場合には、同時に救急者や消防車なども呼ぶ必要があります。車に同乗者がいた場合などには、ダメージの少ないものがこの行動をとります。まずこちら側の怪我や傷を確認し、これらの行動を行ってからご自分の担当の自動車保険会社に連絡をしておきます。次にこちらが軽傷な場合は、相手側の状態を把握しておきましょう。特に、相手側車両や相手に重大な危険が迫っている場合などには、人命救助も念頭に置いておかなければなりません。